キャットフードのおすすめは?ねこの健康を考えたランキング

Welcome!!

 

ドライフードとウェットフードどっちがいいの?

キャットフードにはドライタイプウェットタイプがあり、どちらを与えたらいいのか迷いませんか。猫にはどちらが適しているのでしょうか。

 

ドライフードにもウェットフードにもそれぞれ利点があるので、猫の状態や特定の悩みに合わせて選びましょう。

 

ドライフードは日持ちがする、ウェットフードに比べて安いという利点があります。キャットフード 比較サイトはこちら

 

ジッパー付きの袋に入れ、袋を密閉容器に入れて冷暗所に置いておけば長く保管できます。

 

カリカリとしていて噛み応えがあり、噛むことで歯垢の付着を予防することもできます。

 

 

猫は尿石ができやすいので水分を摂るように注意が必要です。

 

ウェットフードは水分量が多いので、尿石症や腎臓病の猫に水分を摂らせたいときに適しています。

 

食べる力が弱い幼猫や老猫、食欲が落ちているときにもよいでしょう。ドライフードに比べてニオイがするので食欲が増します。

 

しかし、費用がかさみます。

 

 

どちらか一方だけを与えるのではなく、その日によって変えるという方法もあります。

 

猫も同じキャットフードでは飽きてしまうので、ときどき嗜好を変えてあげて飽きないようにしてみてはどうでしょうか。

 

ドライフードにウェットフードを混ぜるという方法もあります。

 

どんなものをよく食べてくれるのか観察して選んでみてください。

キャットフードの効果は健康を守るだけではない

キャットフードにはいろいろな効果があります。

 

ここではキャットフードの効果について解説します。

 

 

・健康のため

 

キャットフードは言うまでもなく猫の食事です。

 

ですからキャットフードを食べる事できちんと栄養が取れて猫の健康は守られるのです。

 

基本的には総合栄養食を与えていたら猫にとって必要な栄養は摂る事ができて、

 

あとは水を与えておけば猫の健康は維持できると言われています。

 

しかし、時には猫も病気にかかる事もあります。

 

体調が悪い時などには総合栄養食だけでなくて、病気に合わせた療養食の柔らかいウェットフードなどを与えてあげた方が良いです。

 

 

・コミュニケーションをとれる

 

食事と食事の間におやつを与える場合には、愛猫のしつけやコミュニケーションをはかる事ができるチャンスでもあります。

 

しつけのご褒美におやつを与えると愛猫のやる気を引き出す事ができます。

 

また食事の時間ではないけど愛猫が甘えておねだりしてきた時にはおやつをあげるのも良いですね。

 

そのやり取りが愛猫とのコミュニケーションになります。

 

ただ、注意点として与え過ぎには注意してください。

 

おやつでお腹がいっぱいになってしまうと、普通の食事が食べられなくなります。

 

これでは栄養バランスが心配になってきます。

 

飼い主さんが栄養バランスを考えておやつを効果的にあげると良いですね。

 

その餌は大丈夫?実は危険なキャットフード

あなたがあげているキャットフードは大丈夫ですか?

 

キャットフードは簡単に手に入れる事ができて種類はたくさんありますから便利ですね。

 

でも、キャットフードの中には健康上問題のあるフードもあります。ここで解説します。

 

 

・合成添加物

 

スーパーやドラッグストアではキャットフードが置かれていますよね。

 

でも発がん性の恐れがある合成添加物が配合されています。

 

例えばBHAとかBHT、エトキシキンなどです。毒性が強いので人間の食材に含める事は法律で禁止されています。

 

でも、ペットフードは規制が強くないので配合され事が少なくないのです。

 

 

・4Dミート

 

通常人間用には利用される事が無い肉がペット用としては使用されています。

 

例えば薬品を投与し過ぎた動物の肉が使用される事もあります。

 

このような肉というのは非常に安く手に入れる事ができますから、コスト削減できるのです。

 

こんな肉が使用されているキャットフードはアレルギーや健康被害を起こす原因になる可能性があるので、注意が必要です。

 

キャットフードでは人間ではとても考えられないようなものが使用されて作られています。

 

愛猫の健康は飼い主なら気になりますよね。

 

やはり飼い主は愛猫の健康を守る役目もありますから、キャットフード選びには気をつけてください。

 

高い安全性を誇るキャットフード

現在では、キャットフードの安全性が極めて高い傾向にあるのではないかとみられています。

 

製品の材料に配慮が加えられたり、猫に対する副作用の可能性が抑制されていたりすることが多いため、

 

このような認識が広がり始めているのではないかと推測されています。

 

最近は安心して猫に与えることのできるキャットフードが数多く見受けられるようになり、

 

高く評価されてきているのではないかと思います。

 

 

 

安全に利用することの可能なキャットフードが多数存在するようになることで、

 

猫の健康維持や精神的な充足にも繋がるのではないかとみられています。

 

猫を飼う人たちにとってはこの傾向は強く歓迎されるものとして捉えられており、

 

多くのところで安全なキャットフードが増えることに関心が示されているのではないかと考えられています。

 

 

 

今後も比較的安全性の高いキャットフードが、多くの猫を飼う人たちから購入されていくのではないかと見込まれています。

 

安全面への配慮がこれまで以上に徹底されていくと推測されていることから、

 

幅広い方面からの関心が寄せられていくでしょう。

 

また、現在に比べて安全性の高いキャットフードも、次々に販売されるようになるものと予測されています。